奄美大島の藍の滝

3月7日に、奄美群島国立公園が成立し国内で34番目、鹿児島県内で4番目として運用することになりました。

この国立公園は、奄美大島をはじめとする世界自然遺産登録の環境担保要件として必要な事柄となっています。

奄美大島には、まだまだ自然が一杯残っていて島民でさえ行った事のない場所が数多くあり素晴らしい環境となり、その場所を探す事もガイドとして楽しみの極みになっていて観光ツアーのコースを作る参考になってますね。。

今回の名前もない滝は(奄美大島の藍の滝)、当然地図にも載ってなく一部の方達に楽しまれていた場所で、奄美の自然の代名詞でもある植物(ヒカゴヘゴ)などが数多くありました。また、滝の落差はそれほど高くはないけれど豊富な水量が流れていて滝つぼ(島ではコモリと言う)の藍の色がとても素晴らしい場所でした。

個人的に、この滝を「藍の滝」と呼ばせて貰いたいですね。もし名前をご存じの方がいらしたら教えてください。

奄美大島の山には、この様な名前の無い滝が多数あると聞いています。

撮影の時は、天候が悪く雨模様で写真の色が少し悪いですね。

  

提供(あまみカメラ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自然あふれる奄美大島へいらっしゃいませんか。

奄美愛ネットは、あなただけのオリジナル体験観光エコツアーも企画!
お問い合わせ電話は、090-2504-5456まで
お問合せメールフォームは、

奄美大島体験観光エコツアーガイド
「奄美愛ネット」をよろしくお願いします。
ホームページ http://amami-inet.com/eco/
ブログ    http://amami-inet.com/eco/blog/
FBページへの【いいね】もよろしくお願いします。
https://www.facebook.com/amamiinet/

(世界自然遺産候補地 奄美大島)

#奄美愛ネット #奄美大島 #世界自然遺産 #観光 #ツアー #エコツアー #ヒカゴヘゴ

 

コメントを残す